さわやかマーク整骨院・枕外来(S-sleep/エス-スリープ)・構造医学勉強会

マークセラピー研究所

構造医学・マークセラピー研究会

さわやかマーク接骨院

マークセラピー研究所では、その研究成果を広く一般に還元するために講演や勉強会を開催しています。当研究所の研究会に参加を希望される方はお問い合わせください。

踏指会(構造医学教育機構公認研究会)

踏指会

構造医学で別の視点からも疾病・予防医学を見つめながら人類に貢献する医術を体得しましょう。

本会は、“踏指会(吉田勧持先生:構造医学創始者命名)”という構医教育機構が公認する研究会であります。

構造医学に対して真剣に取り組んでいる、または興味を持たれている、さらには構造医学概念に沿った安全かつ有効性の高い実践的医術によって地域住民や人類に貢献したい等の志を抱かれている真面目で真摯な臨床家の先生方により構成されている研究会です。

構造医学の実技を習得する過程においては、自身を鍛錬する意味でも臨床上で安全な領域を常に意識しながら、結果的に一人一人の患者さんを慎重かつ確実に良好な方向性に導いてゆくことを目的にすることが大切と考えております。
したがいまして、特殊技術等の整復術(非荷重・外傷性角加速度損傷・上位頚椎等の整復術)を習得する事に意識が偏る、あるいは技法のみをマニュアル的に記憶して体得しようと訓練するだけでは臨床成績として良い結果を得られにくいことが多々あります。

しかし、反対にそれらを踏まえたうえで構造医学を専門とする臨床家として「順」を考慮する場合でも、特殊技術の必要性が発生してくることも事実である事も把握しており、その許容された範疇での特殊技術に関わる実技講習も指導する研究会です。

物事の習得過程には概ね付随する「順(構造医学の臨床上で例えれば:患者さんと一緒に歩く・運動療法・リダクター等の転子療法・確実で無理をしない整復術etc)」を追いながら、患者さんという個人特異性を踏まえたうえで検査・診断を行い、その後に個別対応を心掛けて処置をどこまで、どのように行使するか?という裁量域の判断が重要となります。

そこで当研究会は、その諸先生方が自身の構造医学を行使する診療現場に立たされた時点を想定して様々な「順」の理解を深めて頂くことが、安定した患者さんからのニーズに繋がる事を考慮したうえで、次世代に向けて自ら安全な臨床手順を開拓してゆける人材育成や、現役臨床家として社会貢献する立場での処方内容としてさらに納得度を完成形に導き、白衣を羽織った人生を構造医学によって頷いて頂くための一助になる研究会を目指しております。

また、日常の臨床現場では、傷病の状態を判断し、症状推移を観察しながら、患者さんにとってその状態が発生するに至った心身の経緯や過去の生活習慣や問題までを演繹する力が必要になる場面があります。
そのような診療現場で実際に当研究所において患者さんと対峙している内容を詳細に把握して頂くために、過去の当研究所付属臨床センターでの臨床経験談や症例報告も含めた研究会であり、構造医学の実践的医術講習会であります。

研究会への参加を希望される方は、当研究所までお気軽にご連絡ください。

マークセラピー研究会(2017年“エススリープ研究会”から改名)

テラポート

本研究会は、当研究所が構造医学の概念に基づき独自開発した商品について、その使用方法や開発経緯とその概念、さらには、構造医学的アプローチの一環になることを目指して、安全性を重視したうえで初心者でも可能な処方を行使するために、治具としての使用方と優位性をお伝えし、臨床応用への導入方法を指導する研究会です。

当研究所が開発する商品は、構造医学の理論や趣旨から逸脱しないことを念頭に研究を重ね、商品化へと導いたアイテムであります。現代医療では、現実的に緊急対応を必要としていない患者さんの生活習慣上の動作や行為等といった24時間(1日中)にわたる全ての時間に介入して身体への負担を管理することは当然のことながら無理であります。しかし、疾病の概ねは不良姿勢・反復作業や睡眠の質などを始めとした生活の中で習慣化された蓄積要素が原因となる事が多く、医療者の眼が行き届く範囲にも限界が存在する事実から、その医療の不可能な領域と表現せざるを得ない範疇をいかに補填すべきか?という課題を踏まえたうえで、患者さんの日常における様々なリスクを予防する意味で、身体をケアする一助になる健康グッズとして具現化しております。

そこで「人体に必要性があるはず」 にもかかわらず、未だ世の中に存在していない分野に着目して開発を行い、その開発商品を利用して頂くことで、当研究所付属の臨床センタ―の患者さんを始めに、また本研究会に参加された先生方を通じて全国の直接お逢いすることの出来ない人々に対しましても、皆様が健康維持されることを祈念いたしながら間接的に生活動作を保護して社会貢献することを目標にしております。

研究会では、全国各地よりお集まりいただいた臨床家の先生方に、実際に当研究所の開発商品の詳細を把握しながら体感もして頂き、その使用感や効果の有効性の有無等を確認できる実践的な場を設けつつ、本研究会での処置内容が日本の各地域に広がることも願っております。なお、開発商品によっては、時に難易度の高い上位頚椎のスペシフィックアプローチに変わる簡易的かつ有効性の高いアプローチとしての使用方の紹介や、現代の車社会やデスクワークなどの社会事情から発生した、人間本来の動的安定性という機能が失われつつある身体への影響を考慮して開発をしている視点なども含めた講義等も行っております。構造医学を知らない臨床家の先生方や、構造医学的な概念を基にした簡単で安全なアプローチとして診療に取り入れられる可能性を含んだ医術をお探しの先生にはお勧めの研究会です。

マークセラピー研究所DATA

■お問い合わせ
tel&fax 052-842-3377
e-mail:
info@marktherapy.com

■所在地
愛知県名古屋市昭和区
桜山町1丁目20番地
マップ

s-sleep.com

商品購入はメールにて

Sスリープエス-スリープ


セイザースウィッチャー


セイザースリンキスト


セイザーソリューション


セイザーセイザーシリーズ


踏指会踏指会


踏指会マークセラピー研究会